釣り情報

海に近いるもいは魚釣りの絶好のロケーション。日本海オロロンラインの釣り場でダイナミックに釣りを楽しもう。

留萌管内の主な釣りスポット
るもいでは、何がつれるの?

天塩町から増毛町まで、8市町村全てが日本海に面している留萌管内は、年間を通して様々な種類の魚が釣れます。

春 〜 クロガシラ・マス・ホッケ・スナガレイなど

【クロガシラ】4月中旬になると釣れ始めます。肉厚でふわふわした食感のクロガシラは煮つけの定番となっています。
【ホッケ】留萌管内では最もポピュラーな魚で、年間を通して釣れます。塩焼きはもちろん、フライやホッケのすりみ汁で食べるのもおすすめです。
【スナガレイ】4月~7月頃までよく釣れます。小ぶりなカレイですが、から揚げにするとヒレま美味しく食べられる魚として注目されています。腹側のヒレ付近が黄色いのが特徴です。

夏 〜 ヒラメ・イカ・真ゾイ・エゾメバルなど

【ヒラメ】6月から初夏にさしかかる頃は、高級魚として名高いヒラメが釣れます。この時期留萌管内では最も漁獲量も多く、スーパーや鮮魚店で比較的安く購入することもできます。
【エゾメバル】7月~8月にかけて釣れます。カサゴ科の魚で関東では馴染みの薄い魚ですが、地元ではガヤとよばれ、味噌汁や塩焼きで食べるのが一般的です。
【イカ】7月~8月にかけて釣れます。刺身も定番ですが、夏場はキャンプのバーベキューでイカ焼きもおすすめです。

秋 〜 秋サケ・ホッケなど

【サケ】秋になると、海岸沿いの道路から浜辺に何本もの釣り竿をたてる釣り人も多く見られ、サケ釣りを満喫しています。釣り上げたサケを味噌仕立ての石狩鍋やチャンチャン焼きで楽しめ、地元の郷土食になっています。

冬 〜 カジカ・チカ・氷下魚(コマイ)など

【カジカ】カジカの磯釣りは、10月~11月下旬までが楽しめます。頭から内蔵まで余すところなく使ったカジカ汁は地元の秋冬の定番食材となっています。
【チカ】厳冬期のチカ釣りは、留萌港や礼受漁港で楽しめます。冬のるもいの海岸沿いは風も強く寒さも厳しいので、充分な防寒対策も必要です。

釣り場に関する注意事項

留萌管内には釣りスポットが豊富にありますが、時期や場所によっては規制があり、密漁に当たるものもあるので、地元観光協会等に事前に確認した上、釣りを楽しんでください。

釣り具店一覧
天塩町
浜田釣具店

住所/天塩郡天塩町山手通6 丁目 TEL01632-2-1508
営業/9:00~19:00【定休 日曜日】

遠別町
福山釣具店

住所/天塩郡遠別町本町2 丁目 TEL01632-7-2140
営業/8:00~20:00【年中無休】

留萌市
スエヒロ釣具店
住所/留萌市幸町2 丁目 TEL0164-43-4231
営業/6:00~21:00【年中無休】
柳谷釣具店
住所/留萌市元町3 丁目 TEL0164-42-7124
営業/5:00~20:00【年中無休】
留萌具店
住所/留萌市幸町4 丁目 TEL0164-42-2967
営業/9:00~19:00【定休/不定休】
増毛町
須磨釣具店
住所/増毛郡増毛町永寿町1 丁目 TEL0164-53-1503
営業/8:00~19:00【年中無休(お正月休み有)】
(C)2011- Hokkaido Government RUMOI Subprefectural Bureau All Rights Reserved.