トップページへ シーニックバイウェイ北海道
暮らしぶりの映し。 萌天を走ろう! つながる萌天!
つながる萌天!
『萌える天北オロロンルート』は38の民間団体がまちの垣根を越え、観光、景観、地域づくりに関わる活動を展開しています。街と街、人と人とが繋がる8つのプロジェクトによって 『北の光が続く道』は輝いているのです。

フォトコンテストプロジェクト  
活動団体のリンク
萌える天北オロロンルートで活動する、各活動団体のページへのリンクです。

  増毛町観光協会
  増毛漁業協同組合
  増毛町商工会
  ゆうゆうマーシーの会
  豊かな森川海人をつくる増毛実行委員会
  新星マリン漁業協同組合
  南るもい農業協同組合
  留萌商工会議所
  社団法人留萌青年会議所
  留萌観光協会
  エフエムもえる
  小平町観光協会連合会
  小平町商工会
  NPOラシス・オビラ
小平行来
  苫前町観光協会
  苫前町商工会
  苫前町農業協同組合
  北るもい漁業協同組合
  羽幌町観光協会
  羽幌町商工会
  オロロン農業協同組合
  初山別村商工会
  初山別村観光協会
  遠別町観光協会
  遠別商工会
  遠別漁業協同組合
  株式会社遠別産業振興公社
  天塩町観光協会
  天塩町農業協同組合
  天塩商工会
  フラワーフレンドリーてしお
  天塩川を清流にする会
  幌延町観光協会
  幌延町商工会
  幌延町農業協同組合
  NPO法人サロベツ
地域情報受発信システム実行委員会

  萌天のしくみ
  萌える天北オロロンルート運営活動計画
(PDFファイル)
ルート景観に対する意識を高めてもらうとともに、留萌管内の景観の移り変わりを記録に残し、また商品開発の一助になることを目的にフォトコンテストを実施しています。 プロジェクトでは、周知方法の改善や期間設定の工夫、さらにはカメラ付携帯電話による応募を実施して、より身近な被写体を見つめられる展開を図っています。
 
 

 
エゾカンゾウ植栽プロジェクト  
小平町民が取り組んでいる『地域協働による緑花の推進』に足並みを合わせ、自生種である『エゾカンゾウ』の種取り・苗作り・植栽の一連の活動により、ルートにふさわしい景観づくりを展開しています。植栽は、道路法面や道の駅周辺などドライブシーンに効果が期待される場所にシーニック活動のネットワークを活用して行っています。    

 
景観診断プロジェクト

新鮮な食材を求めながらのドライブ観光というドライブシーンを想定しつつ、ルート内の景観や沿道施設の良さをより深く伝えるための調査を行っています。ドライバーの視点に立った景観ポイントや隠れた穴場スポットなど情報発信データの蓄積を進め、将来的にはドライブ観光によるビジネス展開も視野に入れた活動を行っています。

   

 
菜種油・ヒマワリクリーンエネルギープロジェクト

遠別町産業振興公社とのタイアップにより、ひまわり・菜の花畑によるエネルギー研究と足並みを合せて栽培活動を共同で実施しています。関係自治体等との調整により、ルート内の道路敷地や沿道の休耕地、町有地などを活用させていただき、風車などの他のエネルギーと併せたクリーンな花による景観づくりを同時に展開しています。

   

 
フォーラム開催プロジェクト
『シーニックの使い方』や『暮らしぶり』に関連した講演会や勉強会への参加、各種パネルディスカッションへの参画などを積極的に行っています。これまで『屋台食の駅(留萌JC)』におけるパネルディスカッションのほか、るもい食ロード構想とのタイアップによる『るもい活性化さみっと』などを開催してきました。    

 
食材オーナー制度プロジェクト

ルート内では一般に知られていない高級食材が生産されています。この魅力を広く知っていただき、新たな付加価値とブランド化を図ることを目的とした活動を展開しています。2008年6月21日に開催した『ひらめ底建網オーナーin遠別』では、遠別漁協等を中心とするひらめオーナー制度の企画・運営により、来訪者にルートの暮らしぶりを体験してもらいました。

   

 
萌天の森プロジェクト

ルートでの暮らしに必要不可欠な車の利用によって、排出するCO2をルートで吸収したいという思いから植樹活動を展開しています。活動は、ルート内の遊休地や荒廃地を用いて景観の向上も兼ね合わせたものとするとともに、大人から子どもまで幅広い参加を募ることで森づくりを通じたコミュニケーションの向上を図っています。

   

 
情報受発信プロジェクト

ルート内外に様々な魅力を受発信し、各種プロジェクトをバックアップしています。情報誌やラジオ放送、ウェブサイト、電話など、あらゆる通信手段を活用してルート活動のPRを行うために、ルート内住民の方々から広く提供していただいています。また、行政機関の協力により各市町村の広報誌にルートトピックスを定期掲載するなど、統一的な取り組みも合わせて展開しています。

   

Copyright©2008 萌える天北オロロンルート代表者会議
萌える天北オロロンルート