トップページへ シーニックバイウェイ北海道
暮らしぶりの映し。 萌天を走ろう! つながる萌天!
萌天を走ろう!
私たちの『暮らしぶり』をより鮮明に映し出すことができる5つのポイントを紹介します。このポイントをチェックしておけば、より一層、萌天ドライブを満喫することができます。さあ、私たちの暮らしぶりをのぞいてみませんか?


景観   留萌地域情報サイト るもいfan
るもい地域(留萌市、増毛町、小平町、苫前町、羽幌町、初山別村、遠別町、天塩町、幌延町)の、観光情報はもちろん、旬の話題や、地元ならではの情報を、 食、観光、人をテーマに、そこに住む人々のネットワークで収集し、 地元の魅力を、全国へ、世界へ、そしてもちろん自分たちにも向けて発信しています。
海と大地、自然と人との挟間で生み出された郷土の風景。日本海を染める夕日、荒々しい波濤、幻想的なけあらし。春の新緑と秋の紅葉。稲の成長とともにその色を変える田園。道路沿いを飾る花々。景色は時間と季節ごとにうつろい、さまざまな表情を見せてくれます。
   
       
食  
この地域は日本の米の北限。厳しい風土の中だからこそ甘みのあるおいしいお米が獲れます。また、エビ、タコ、ヒラメ、などの豊富な海産物、イチゴ、ブドウ、リンゴなどの果物、野菜、肉、酒…この地域には食材なら何でもそろっています。しかも安全で安心、食べておいしい。    
   
環境保全  
地球環境の問題は、そのまま地域の問題でもあります。海岸に立ち並ぶ風車は、この地域のクリーンエネルギーの象徴です。また、ゴミ分別の細分化など、身近な環境問題への対応にもすでに熱心に取り組んでいます。    
   
レクリエーション  
シーカヤックやウィンドサーフィンは、大海原に面するこのルートならではのアクティビティ。そして南北150kmにもおよぶ海岸沿いの道路では、自転車やオートバイ、自動車と人それぞれに爽快な気分を満喫でき、15〜20kmごとに迎えてくれる街には『暮らしぶり』を感じさせる魅力がたくさん。    
   
歴史・文化  
松前藩の時代から、ニシン漁はこの地域に様々な物語を残してくれました。今も残る番屋や漁具はそんな時代を今に伝えています。
明治、大正、昭和を経て今にいたる様々な歴史的建築、まちなみ、生活様式は、この地域が次代に伝えるべき大切な財産です。
   
Copyright©2008 萌える天北オロロンルート代表者会議
萌える天北オロロンルート